ホーム > 現金化 > ブランド品などの換金はプラスかマイナスか

ブランド品などの換金はプラスかマイナスか

クレジットカードの現金化を女性が行う場合にまず考えの1つにあるのがブランド品をクレジットカードで購入し、売却する方法が多いと思われます。 

やはり、ブランドの種類によってはバック1つで100万円、財布150万円と超える場合も数多くあります。もちろんクレジットの利用額によって変わってきますが、このような高額ブランド品を購入出来る人であれば、換金率も割りと高めにすることができます。

 

実は高級ブランド♪バッグや財布などの商品は、あまり値崩れしないという特徴があります。つまり流行に流されない商品が多いということになります。例を挙げるとすれば、10万円のバックだと、売却時が4割、5割になってしまうなど購入時より価格は下がるでしょう。

しかし、それに比べて高級ブランドの商品であれば、価格は下がらずに換金率は8割から9割となる場合は非常にあります。そのため、ブランド品でクレジットカード現金化する場合は、ある程度高額なブランド品、または貴重なブランド品を購入しなければ大きなマイナスになってしまうでしょう。

 

もちろん価格が低くても受容が高い気商品であれば、それなりに価格は下がらないですし、出たばかりの新作商品であっても価格は下がりません。その点も踏まえて、しっかり事前に情報を入手して、ご利用することをお勧めします。

ちなみに、そういったブランド品の相場がわからなかったり、自分でやるのが嫌だという人であれば、専門業者が多くいますのでそちらを使うという手もあります。

参考サイト:http://www.credit-master.net/


タグ :